2009年12月07日

ファイナンシャルプランニング技能士の勉強法

ファイナンシャルプランニング技能士の2級に今年9月(昨年9月に3級を合格した)に受験して合格したと以前日記に書きましたよね。それで出んな勉強法をしたのかということについて書かせてもらいたい。但しあくまでもこれは、僕自身の勉強方法であることを前提に読んでほしい。
@勉強方法について
先ず勉強方法についてだが僕は独学で勉強した。特定のスクールには通っていない。なぜスクールに通わなかったかというと特にこれといった理由は無い。ただ単に「経済的な理由」「日程等(開校日等)の都合」「僕自身がかつて簿記検定の勉強のために通っていたスクールでは通信制しかないといわれた」「ちょっとした思い付きで勉強を始めた(当然のことながら資格手当てがもらえるという理由もあるが)」「紀伊国屋書店で読んだ本を見ていると独学で行けるかなと勝手に思い込んだ(だけ)」ということです。
Aテキストや問題集の選び方
主催団体である「きんざい」のテキストや問題集(過去問が2,3回分掲載されているやつ)を選んだ(この本に関してはファイナンシャルプランナー2級合格という日記の中で紹介しています)。「主催団体が書いている書籍だから的外れなことは書いていないだろう(問題や解説において)」「過去問が2,3回掲載されていた」という理由です(試験会場に行って判ったことだがこの本を選んで勉強している人は多いようである。ほとんどといって良いくらいそうだった)。結局3級2級共に一発合格だったからこのテキストの選び方は良かったのだと思う(解説も判りやすく書かれていたと思う)。
B勉強の進め方について
他の人がどのようなやり方をしているか知らないのでなんともいえないが、一度テキスト全てに目を通す(重要と思えるところにアンダーラインを引く)。そして問題集をといてみる。そしてわからなかった部分については解説の部分とテキストのその部分(間違えた部分)を見直して理解できるまで読み直し頭に叩き込んだ。これで3回くらいやったら何とかぎりぎりで合格できた。

C学習期間について
3級は1ヶ月強だったと思う。8月初めから勉強始めてそれで一発だった。そして2級は11月末くらいから勉強始めたかな。そして少し仕事でバタバタしてたから1月5月は受験しないで9月に受験したら合格したという感じでした。

D「点数を取るための対策」「点数を落とさない対策」
問題を特に当たって「点数を取るための対策」「点数を落とさない対策」がある。点数を取る対策としてですが先ず内容を理解して過去問をとくことかな(当たり前だけど)。点数を落とさない対策としては「問題をきちんと詠む」事なんですよ。特にマークシート試験だから「適切なものを選べ」「適切でないものを選べ」「正しいものを選べ」「誤っているものを選べ」「正しくないものを選べ」「誤っていないものを選べ」の部分をきっちりと読むことが大切だ。こういう展を気をつければ少しでも合格する確率が上がると思う(マークシート式試験の場合全てにおいてこの考え方は通用する方法である)。

どの程度参考になったか分からないですが、テキストの選び方と勉強の進め方については参考になるのではないでしょうか。それに3級2級レベルだと別にスクールに通う必要は無いと思いますよ。忙しくて通うことが出来ないという社会人でも独学で可能だと思う。学生なら時間的にゆとりがあるから一生懸命大学図書館にこもるなどして勉強すれば余程低レベルな学校に通っている学生でなければ合格できるはず(基礎学力があれば合格できる)。






posted by かずぼん at 22:26| 勉強法 | 更新情報をチェックする