2018年10月10日

日経や明治が「検定」を売りにする3つの事情 「人材育成」など一石三鳥のうまみがある

資格はもはや、「取る」より「作る」時代にきているといえるかもしれません。大手企業が自社の商品やサービスなどをテーマとした資格・検定を自前で作ってしまう例は、日本経済新聞社の「日経TEST」、明治の「チョコレート検定」、成田空港の「成田空港力検定」をはじめとして数多く見られます。また、主催者表記としては「○○検定実行委員会」などの名義となっていて直接的には名前が出ていなくても、「協力団体」などの名目で事実上大手企業の主導で立ち上げ・運営がなされている資格・検定もあまた存在します。近年はこうした大手企業ならずとも、もっと小規模な団体や個人の活動を母体として「○○協会」といった組織を立ち上げ、資格・検定制度を創設するという事例も増えてきています。

■新しいタイプの資格・検定が増えてきたのはなぜか
独自の資格・検定を作る動きのそもそもの発端は、2006年ごろに日本全国に爆発的に広まった、いわゆる「ご当地検定」ブームに由来するものと筆者は考えます。「東京シティガイド検定」や「京都・観光文化検定」をはじめとして、全国各地の自治体や商工会議所などが、県や地域の歴史や文化についての知識を問う検定事業を次々と立ち上げました。ご当地検定ブームに触発されてか、ちょうど同じくらいの時期に、従来型の資格・検定とは一線を画すような、趣味系・ユニーク系の検定が一気に増え始めたように認識しています。たとえば「世界遺産検定」「夜景鑑賞士検定」「お好み焼き検定」などです。こうした検定が増えてきた2010年ごろから、人々が「検定」というワードに対して抱くイメージも大きく変わりました。ここ10年ほどで爆発的にこうした新しいタイプの資格・検定が増えてきたのはなぜか。それは、「資格・検定制度の創設」がさまざまな複合的なメリットや利益を生む事業であるという事実に、多くの組織や団体が気づき始めたからではないかと筆者は考えます。結論からいうと、「受験料収入」×「プロモーション」×「人材育成」という一石三鳥のメリットです。

メリット1:受験料収入
まず挙げられるのは直接的な金銭的メリットで、「受験料収入」です。資格・検定試験の受験料の金額は、試験によって大きく幅がありますが、一般的な「試験会場で1時間程度のペーパーテストを実施」というタイプの試験であれば、5000円程度の金額設定が平均的です。仮に年間1万人の受験者数が見込まれるとしたら、単純計算で5000万円の収入(売り上げ)が立つことになります。ちょっといやらしい話にはなりますが、「資格試験の受験料」というものは、経済学的にいうと「需要の価格弾力性」が低い、すなわち、多少金額が高く設定されても受験者数が大きくは減らない性質をもつものだといえます。というよりむしろ、受験料が高いほど資格の権威が上がるという側面もある(逆に受験料が安すぎると資格自体が安っぽく見えてしまう)ため、数万円単位の受験料を設定しても受験者はある程度集まる構造になっています。さらに「級」を1〜3級など複数区分設ければ、「受験者1人あたり単価」を上げることも可能ですし、ペーパー試験ではなく「資格認定講座の修了者に資格認定する」タイプの資格では、数十万円単位の受講料を設定しているものもザラにあります。また、試験の参考書や過去問題集を販売すれば、それも直接的な収入にもつながります。資格・検定制度の創設は、数千万〜億単位のビジネスに育つ可能性が十分にありうる事業なのです。たとえば、公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センターは検定料収入だけで年間約3億6000万円、イタリア語検定協会は年間約2300万円売り上げています。

■エッジの効いたプロモーションが可能になる
メリット2:プロモーション効果
2つ目のメリットとして挙げられるのが「プロモーション」です。「こんなテーマの検定をやりますよ」というインパクトある企画としてリリースすることで、エッジの効いたプロモーションが可能になります。自社が扱う商品・サービスの宣伝や、自社の業界・活動自体を広く世間に知ってもらうための手段として効果が大きいわけです。興味深い例としてご紹介したいのが、「日本ビール検定」「くるまマイスター検定」です。日本ビール検定はサッポロビールが母体となって立ち上げられた検定ですが、満点合格者にはなんと「ビール1年分」が当たると打ち出すことで、さまざまなメディアで取り上げられました。同様に、記事冒頭で挙げた「チョコレート検定」では成績上位者に「ミルクチョコレート1年分」が贈呈されます。さらに驚きなのがくるまマイスター検定で、特設サイトから応募すると抽選でさまざまな車関連グッズが当たるというプレゼントキャンペーンを行っているのですが、その最高賞品がなんと本物の「車」です(2018年はスズキ クロスビー)。このような話題性のある企画はSNSでも大きく拡散されました。冷静に計算してみると「○○1年分」の賞品を用意するのにかかるコストは実はせいぜい数十万円程度にすぎないことがわかりますが、各種ニュースメディアに大々的に取り上げてもらえる宣伝効果と、魅力ある特典の提示により受験者数の増加が見込めることを考えると、むやみに広告を出すよりもよほど宣伝効果が期待できるうまいやり方だと思います。

メリット3:人材育成
3つ目のメリットが「人材育成」です。資格試験の本質的・本来的な意義が「ある分野の知識・技能を測る物差し」であり、それにチャレンジする過程で能力向上が図られるものである以上、資格・検定制度の創設は、その業界における人材の育成・スキルアップに直接的に結び付きます。「財務報告実務検定」はまさにそのようなコンセプトで立ち上げられた検定で、公式テキストのまえがきにも「簿記検定の内容は上場会社の経理実務とは乖離があり、連結決算・開示実務のスキル向上に役立つ教育手段がこれまでなかったので検定を創設した」といった旨が書かれています。すでにその業界で働いている人のスキル向上に寄与するのはもちろん、業界外の人や学生に対して、その業界のことを知ってもらうきっかけ・入り口としてもらえるという点でも、資格・検定という存在は有用です。さらに言えば、資格を通じてスキルアップした人材を業界内企業に対して人材紹介する仕組みまで構築できれば、さらなる価値創造や売り上げアップにもつながります。

■資格制度創設に向いている業界は?
とは言うものの、「あそこが検定やってるならうちでも」程度のなんとなくのノリでは、継続的な運営は難しいでしょう。わずか1〜2回程度の実施で自然消滅してしまったご当地検定も少なからずありますが、長期的な見通しの甘さに主な要因があるように思います。新資格の立ち上げには明確なビジョンや戦略が必要ですが、資格制度創設に向いている業界として筆者が注目しているのは医療・福祉業界です。ここ数年で「スポーツ医学検定」や「心電図検定」「胎教アドバイザー」といった資格が誕生しています。もともと国家資格でガチガチの業界だったからこそ、提供するサービスに新しい付加価値をプラスする民間資格ができることによって、サービスの多様化や高度化が進む業界だと感じます。

鈴木 秀明:資格・勉強コンサルタント


東洋経済オンライン/2018年10月9日 8時0分




posted by かずぼん at 09:44| 大阪 ☁| その他 | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

出来ましたというときほど怪しいものはない

いきなり何を書きだすのかと思う人がいるかもしれませんが書かせてもらいます。大学受験でも資格試験でも出来ました出来ましたとやたらと言っているくせにいい結果にならない人がたまにいませんか。僕も偉そうなことを言えませんが。やたらと出来ましたというときは実際にできたつもりだけど全然できていないときが多いのですよ。

皆さん、余程自信がない限りできましたといいすぎないほうがいいですよ。





posted by かずぼん at 21:00| 大阪 | その他 | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

「時の運」と言うものについて

何事においても「時の運」と言うものが少なからず存在していると思う。資格試験でもそうだ。試験の直前に見た問題や、得意問題が出て合格したと言う話は良くある。

しかし、時の運と言うものは常日頃から一生懸命やっていて、その結果として、たまたま、時の運と言うのが起こるのであって、一生懸命やらズ時の運を呼ぶのは不可能だと思う。時の運と言うものは運を呼ぶための努力の結果としてくるものである。





posted by かずぼん at 18:54| 大阪 ☁| その他 | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

「グローバルな人材」と「英語が出来る」とは意味が違う

先日の雑誌に書いてあった話ですが、英語が出来るのに仕事が出来ない人がいると言う事が書いてあった。



ある意味これは正しいと思う。別に資格を取ることが悪いといっているのではないですよ。四角を取ると言う事は知識の程度の証明であって仕事ができる事の証明では無いですから。



それと採用する側にも問題があると思う。英語をほとんど使わない職場なのに「グローバルな人材」が欲しいからという理由で「TOEIC」のスコアを要求すると言う事実である。そもそも「TOEICとTOEFLと文部科学省認定の英検の違いを知らないで要求している会社が多い」と言う事実もあるように感じる。はっきり言ってTOEICのスコアが高くても全く英語が話せない(文章すら書けない)と言う人もいるし、そもそもマークシート式の試験だから適当に○を付ければ点数が上がる試験である(文部科学省認定英検の場合面接試験があるから適当な事はできない)。こういうことを余り理解できて無い会社や人間が多いように感じる。





posted by かずぼん at 14:14| 大阪 ☀| その他 | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

元を取ると言う考え方

資格試験の勉強をするということは当然のことながら受験料や受講料が掛かる。それに勉強するための時間と言うコストも掛かることは言うまでもない。

それだけのコストを掛けたのだから元を取ると言う事も考えることは大切ですよ。株式投資でも、コストを何時までに取り戻すと言う考え方で投資してますよね。それと同じ事です。




posted by かずぼん at 21:41| 大阪 ☀| その他 | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

本を読んだりすることも大切

スキルアップと言う言葉を聞いて「資格を取得する」と言うイメージを持っている人が多いようだが、資格を取得する事だけが勉強ではないと思う。新聞を読んだり本を読んで調べたりする事も大切ですよ。




posted by かずぼん at 17:16| 大阪 ☀| その他 | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

なぜ勉強をしなければならないのか

突然こんなことを書くと誤解されるかもしれませんが、皆さんはなぜ勉強をしなければならないのかということを考えたことはあるでしょうか。別に僕が言いたいのは学校名学歴や偏差値をどうのこうのと言っているわけではないですよ。

ここから書くことは僕自身の個人的意見という前提で読んでほしい。

僕個人の意見として言わせてもらうならば、別に勉強をしたくなければ無理をしてまでしてやる必要はないと思うんですよ。やる気がないのならば。小中学校は義務教育だからいかなければならないけど、高校大学は義務教育でないからやる気がなかったらいくべきでないと思うんですよ。ただ、僕自身4年制大学を卒業し、勉強をしたことによって得した部分もありますけどね。ここで僕が気づいたことなんですけど今現在の日本の社会は資本主義ですよね。このの資本主義の世界では「勉強をして高度でかつ専門的なスキルを身につける」「スポーツ選手や芸能人のように才能の部分で生計を立てる」「専門知識や技術や才能も要らないけど体力や体だけでやっていく」という3つの生き方しかないのではないかと。僕の場合「芸能人になるような特殊な才能がない」「体力もない」という状態である。こうなれば、勉強しなければいけないのかなと感じたのですよ。結構このことを理解しないで勉強しろなんていっている人が多いように感じます。




posted by かずぼん at 21:44| 大阪 ☔| その他 | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

大阪府内の自習室

大阪府内にある自習室をいくつか紹介したいと思う。なぜ自習室を紹介するかと言うと資格試験の勉強をするに当たって静かに勉強する場所の確保と言うものが有る程度重要になってくるからだ(当然本人の努力が一番重要だが)。

○有料自習室
・レンタル自習室セルフスタディ
住所:大阪府大阪市北区中崎西1-4-22梅田東ビル203号
最寄り駅:地下鉄谷町線中崎町駅4番出口出てすぐ(阪急梅田駅、JR大阪駅等からも歩いて行くことも出来ます。徒歩約10分)
電話番号:06-6373-2052
開館時間:9:00〜23:00
開館日:年中無休(12月31日〜1月3日、8月13日〜15日を除く)
座席数等:
その他:大手予備校河合塾や資格試験の学校TACまですぐです(徒歩でいけます)。資格試験や大学受験のために活用してみてはいかがでしょうか。
DSCF3345.JPG

DSCF3346.JPG

・レンタルデスクCALM
住所:豊中市蛍池中町1−3−11
最寄り駅:阪急宝塚線蛍池駅
電話番号:06-4980-8607
開館時間:9:00〜22:00
開館日:年中無休
座席数等:
その他:利用する前に必ず電話で予約(又は確認)をしておいたほうがよいと思います。特に電卓を使う場合は音の問題がありますから。
以前は阪急宝塚線石橋駅の駅前にあったが2008年6月1日から現住所に移転した。
DSCF3331.JPG

・レンタル自習室杉本
住所:大阪市住吉区山内町3−3−2杉本マンション1F
最寄り駅:
電話番号:06−6694−1628
開館時間:5:00〜25:00
開館日:年末年始以外
座席数等:
その他:大阪市立大学の近所ですので、市立大学の学生にとっては便利かもしれません。

今西書店・SEKISEI館
住所:大阪市阿倍野区阿倍野元町3-21
最寄り駅:阪堺電軌上町線東天下茶屋駅前
電話番号:06-6622-3280
開館時間:10:00〜22:00 (月〜土)10:30〜22:00 (日祝祭日)
開館日:年中無休(月に1回休みがあるらしい)
座席数等:
その他:本屋さんの2階にあるそうです。予約制なので必ず前日までに電話連絡した方がよい。

・レンタル自習室アガサ
住所:1号店大阪市中央区石町1丁目1-7永田ビル2F
2〜5号店大阪市中央区釣鐘町1-4-3舟瀬ビル3・6階
最寄り駅:天満橋駅
電話番号:
開館時間:
開館日:
座席数等:何号館かによるためHPで確認

会員制レンタル自習室キャリアプラス
住所:大阪府大阪市西区西本町1-3-1
最寄り駅:地下鉄本町駅
電話番号:06-6789-4623
開館時間:7:00〜23:00
開館日:年中無休(12/31〜1/3 8/13〜15は除く)
座席数等:
その他:2008年6月にオープンした有料自習室です。ビジネス街にあるため、会社帰りに利用することも出来ますね。

・レンタル自習ルームフルアタック
JR茨木駅より徒歩3分の場所(大阪府立春日丘高校のすぐ近所)に有料の自習室があるということをご存知ですか。それが「レンタル自習ルームフルアタック」です。
この自習室は女性が経営しているためご利用者様に勉強に集中して頂けるように、女性の目線で細やかな気配りを心がけていますので、女性の方でも安心してご利用いただけます(男性も利用可)
パソコン・電卓の使用は可能です(キータッチ音が必要以上に大きくならないようご協力ください)。
夜遅くまであいているため、会社帰りに資格試験の勉強をしたり、読書のために利用することも可能ですよ。
○料金
カーテン、ロッカー費用込みで月額15,000円(1日あたり500円)の格安料金でご利用できます(通常コース 6ヶ月契約の場合)。
契約料金には、カーテンと会員様専用の錠付きロッカーの利用料が含まれています。ドリンク類は全てフリーとなっています。
※月額13,000円の席も3席あります。
登録料(初回のみ)
○利用時間帯等
ご利用時間開室月曜日〜土曜日 9:00〜23:00
日曜日・祝日 9:00〜22:00(最終入室は全日21:00まで)
年中無休
※室内メンテナンスのため毎週日曜日・祝日は22時に閉室いたします。
※21:00以降に入室者がいない場合は、早めに閉室する場合がある事をご了承ください。
※ビル全体のメンテナンスの為、不定期に閉室になる場合があることをご了承下さい。 受付対応月曜日〜土曜日 9:00〜17:00
日曜日・祝日 お休み (緊急の場合は対応致します)
〒567-0031 大阪府茨木市春日2-2-3シャトー春日第一ビル2階
072-624-5099
FAX:072-624-5110
Mail : info@r-attack.com

・レンタル自習室アシスト
大阪市北区南森町の近所に有料自習室が今年1月に開業したのをご存知ですか。それが「レンタル自習室アシスト」です。
7:00〜23:30とたっぷり勉強に集中できます。フリードリンクなど設備充実。スタッフ常駐。随時見学案内受付中だそうです。
勉強や読書に集中できる場所を探している方は一度見学してみては如何ですか。
料金
新規登録料(初回のみ):\3,000-(税込)
1ヶ月\17,000-
3ヶ月\49,500-(\16,500-/月)
6ヶ月\93,000-(\15,500-/月)
原則1ヶ月毎の自動契約となります。一括支払いの契約については期限前に契約更新についてのご案内を差し上げます。初月の利用については、日割料金(\800)×日数にて請求いたします。
解約は、前月25日までに所定書式でご提出下さい。また契約途中の解約については、返金いたしかねますのでご了承下さい。
時間貸し、日貸し(月末までの日割りを除く)は現在しておりません。
お申し込み方法
▼見学
まずは、お気軽にご見学下さい。実際に見て頂き、納得してからお申し込み頂いて結構です。
▼ご提出頂く書類
(1)利用申込書(所定書式)
(2)身分証明書のコピー
(3)高校生以下の方は、親権者確認書(所定書式)
最寄駅 地下鉄谷町線『南森町』駅徒歩3分
JR東西線『大阪天満宮』駅徒歩3分
所在地 大阪市北区東天満2丁目10番31号 第9田渕ビル4階
メール assist@turtle-club.jp
電話 090-3713-2323(専用)
備考 H21年1月オープン。

○図書館・公民館等にある公共の無料自習室
箕面市立桜ヶ丘人権文化センター
住所:〒562-0046箕面市桜ヶ丘4丁目19番3号
最寄り駅:
電話番号:072-721-4800
開館時間:9:00〜22:00(自習室は月〜土は19:00、日祝は17:00)
開館日:月曜日以外毎日(但し年末年始除く)
座席数等:20席

池田市立図書館
住所:池田市五月丘1-10-12
最寄り駅:阪急宝塚線池田駅
電話番号:072-751-2508
開館時間:
開館日:毎週火曜日と第3月曜日と年末年始がが閉館
座席数等:

大阪府立中央図書館
住所:〒577-0011東大阪市荒本北1-2-1
最寄り駅:近鉄荒本駅
電話番号:06-6745-0170(代表)
開館時間:火〜金曜日午前9時〜午後7時
土・日曜日 午前9時〜午後5時
開館日:月曜日および年末年始以外
座席数等:

大阪府立中ノ島図書館
住所:〒530-0005大阪市北区中之島1-2-10
最寄り駅:
電話番号:06-6203-0474(代表)
開館時間:月曜日〜金曜日 午前9時〜午後8時
土曜日 午前9時〜午後5時
開館日:日曜日および年末年始
座席数等:

ここで紹介した有料自習室は私自身がインターネット等で調査した内容です。
図書館等の自習室に関しては直接僕自身が現場を見て書き込んでいます。
自習室は有料であろうと無料であろうと一生懸命勉強をしようとする人に対して場所を提供しているのです。たまに「規則を守らない」「他人の勉強の妨害をする行為」をする方がいるようです(例えば「携帯電話等を鳴らす(バイブ機能含む)」「携帯電話等でメールの送受信をする」「廊下等で大声でしゃべる」「ドアの開け閉めの音がうるさい」)と言う人がいるそうです。
自習室をどのような理由で利用しようと確かに人の自由ですが、一生懸命学業に励みたくて利用している人もいることをちゃんと理解した上で利用すべきである。特に資格試験の勉強に関しては「資格手当て」「昇進」などその人の生活がかかっている場合がある。これが理解出来ないならば利用は控えて欲しい。別に勉強はは義務ではない。勉強をしたくない人はしない方がいい。ほかの一生懸命努力している人の足を引っ張る行為はやめよう。
有料自習室の場合、電卓の使用を禁止していたり、又は利用可能でも座席数が限られている場合がある。そのため、「HPで確認する」「メール等で問い合わせをする」ということはしておいた方がよいです。
利用規約や料金に関してはHPを確認して欲しい(変更される場合もあるため)。前日までに予約を入れないと利用できない場合もあるためその点はちゃんと確認してください(自習室によってサービスが異なりますので)。

















posted by かずぼん at 21:00| その他 | 更新情報をチェックする